リスクのないクレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化は規約違反になります。そのため現金化目的で商品を購入したことがカード会社に知られてしまうと、カードが利用停止になってしまいます。業者を利用した現金化だと、バレる可能性は低くなりますが、還元率が低くなりますし、手数料もとられます。悪質な業者にあたってしまう危険もあります。
こうしたリスクをほとんどなしにクレジットカード現金化ができる方法があったら試してみたいですか。
■大勢での飲み会の支払いに使う
飲み会でみんなの代金をまとめてクレジットカードで支払い、それぞれから代金を回収するという方法です。自分の飲食代はなくなってしまいますが、その他の金額は確実に回収できます。規約違反にもならないので、カードが利用停止になる心配もありません。
ただ、現金が欲しいタイミングで都合よく飲み会が行われるかどうかは別問題です。人数が多ければ多いほど、支払う金額が大きければ大きいほど、現金もたくさん得られます。都合よく飲み会をセッティングできると、効率よく現金化ができます。
■返品をする
クレジットカード現金化の業者とは関係ないところから商品を購入し、返品して現金を受け取る方法もあります。こちらも還元率はほとんど100パーセントです。カード会社に現金化がバレる可能性も低いです。
ただし、返品の条件などはしっかりと確認する必要があります。返品と返金の方法は、利用したサイトや店によっても違います。手違いで、返品できなくなるなどのトラブルは避けたいものです。それに返品には、手続きに時間がかかることが多いです。返金がされるまで、数日かかることもあります。即日に現金が欲しい場合には、向かない方法です。
■即日というわけにはいかないけれど……
飲み会や、商品の返品を利用して現金化を行えば、カードが利用停止になるリスクはほとんどなくなります。ですが、確実性や即日性を感がえると、業者を利用した方がいいかもしれません。飲み会のタイミングがいい場合や、日にちに余裕がある場合には便利な方法です。

関連記事