クレジットカード現金化は支払日に余裕をもたせて

審査もなく、簡単に現金を手に入れられることから、クレジットカード現金化をしたいと考える人は減りません。法律的にはグレーゾーンの行為であるため、慎重に行うべきであり、推奨されない理由も理解しておく必要があります。
■すぐに現金が欲しい理由に注意
給料日などを境に余裕をもった金額が入ってくるのであればそれほど問題はありません。突然まとまった現金が必要になっても、すぐに用意できないこともあります。時間さえあればその金額を用意できるという状態であれば、クレジットカード現金化をしても大丈夫でしょう。問題なのは、借金を雪だるま式に増やしてしまう人がいることです。
クレジットカード現金化は審査が必要ないため、誰でも即日に現金をつくることができます。そのため、借金などの支払いに追われている人が、その返済のためにクレジットカード現金化をすることがあります。目先のことにとらわれて、後のカードの支払いが出来なくなってしまいます。
■カードの支払日に金額が用意できることを確認する
クレジットカード現金化は、審査なしにお金を前借りするようなシステムです。カードの支払日にはその金額をきちんと払わないといけないということを念頭に置いておく必要があります。支払いの目途が立たなければ、クレジットカード現金化をしてはいけません。計画的に行わないと、自分の首を絞めることになります。
■その他の注意点
現金化をしてくれる業者は優良なところばかりではなく、悪質な業者も存在します。詐欺や闇金が絡んでいることもあり、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。還元率や手数料のことをふまえると、カード会社に支払う金額に比べて受け取れる金額は少ないため、損をすることになります。
また、現金化をしていることがカード会社に知られると、規約違反となってカードが利用停止になる恐れもあります。クレジットカード現金化をしたいと考えている人は、色々なリスクが伴うことも考慮してから決めてください。

関連記事